■■2008年3月議会活動報告■■

=3月予算議会に市民パワーを代表し、代表質問を行う市政全般にわたって市長の政治姿勢を質す=
「牧野市長におかれましては、1期の総仕上げ、節目の年をむかえて、平成20年度予算が提案されました。議会開会冒頭の市長挨拶をお聞きし、新年度予算を審議するに当たり、思いを共有するなかで私自身の受け止めについて申し上げたいと思います。第5次基本構想基本計画がスタートし、いよいよ2年目を迎え、まちづくりのキーワードとも言える多様な主体とともに、都市宣言・環境文化都市を見据えながら、文化経済自立都市実現に向けて、次世代のリニア中央新幹線が現実味を帯びて来る中、自治基本条例に基づく、参加協働に裏打ちされたムトスの精神で、市民総参加のまちづくりを展開し、地域間競争の時代に、持続可
能な、個性豊かで、魅力ある飯田市づくりを展開しなければならないと感じております。そこで、市政運営全般にわたって市長の政治姿勢をお伺いしながら、会派の考え方を政策提言し、住民福祉の向上のために、建設的な議論をしたいと考えていますので、よろしくお願いします。
 さて、私たち市民パワーは、変革へ確かな提言をめざし、議会改革、財政分析、産業振興、健康福祉、地域公共交通システム、入札制度改革などの政策調査活動に取り組み、勉強会をとおして、毎議会でテーマを絞り一般質問をとおして政策提言し、それらを議会報告を兼ねて市民との対話をするなかで、昨年、平成20年度予算要望書を市長に申し上げたところでございます。会派の要望事項を予算に反映していただいた点は評価するところであります。
 質問に先立ち、飯田市を取り巻く諸情勢など若干の所感を申し上げたいと思います。国会では、2008年度予算案83兆613億円が審議されていますが、予算の骨格となる2008年度の実質経済成長率を2.0%と見込み、2007年度1.3%を上回った見通しが達成できるか、このことは、国、地方の税収見通しに直接影響するため直視したいと思います。経済学者の中には、原油高とアメリカ経済の減速という要因を考慮すると楽観的見通しであると指摘する論評もあるだけに厳しい見方をしなければならないと考えます。また、地方財政計画では、地方税、地方交付税などを含む一般財源総額は59兆8,900億円(今年度比+1.1%)となり、自治体の安定的財政運営に必要な一般財源総額が確保され、今年度を6,600億円上回る一般財源総額を確保したことは、この間飯田市議会も地方財政確立の意見書を上げ、地方六団体が結束した取り組みの成果として評価したいと思います。また、地域間競争の時代と言われています。地方交付税の算定は人口のウエイトが高くなっており、人口減少社会の中で、いかに人口を維持し増加させていくのかは、政策施策の重要なポイントとして、伺い知ることができます。そのためには、外的要因をうまく活用していくことも肝要であろうと考えます。とりわけ、JR東海が2025年開業を目指すリニアについては、直線ルートで調査に入ったことを歓迎し、その結果実現可能となることを期待するものであります。さらに、三遠南信地域連携も積極的に取り組む必要があろうと考えます。市民生活が豊かで安心して暮らせるまちづくりを進めるためには、牧野市長が提唱する経済自立度70%達成に向けて産業の振興を図りつつ、福祉や環境等新たな政策経費にも力点をおいた、持続可能な飯田市づくりを発信することも大切な姿勢だろうと考えます。」
・・・こうした時代背景を見据えて2時間にわたって代表質問を行った。

 

代表質問答弁骨子

1.市長の政治姿勢についてリニア推進と飯田駅設置について質す。

【清水議員が質問した背景について】
 時代は大きく流れ、しかもスピートが早いと言われている。JR東海は今年中にもルートを公表するともささやかれている。ルートは混乱を招く内容で早く決定した方が良いと思うし、リニア飯田駅実現に地元負担が必要と言われ、市民とのコンセンサスの必要も感じる。なにより第一に、魅力のある飯田市をどのように市民と協働して創りあげるかも重要な課題だと思う。開発研究型の企業や人材誘致が期待されるなど在来新幹線の駅設置都市は間違いなく発展しており、経済効果も期待される。
【質問】 【市長答弁】
@  JR東海の発表に対しルートを含めた市長の受け止め、リニア飯田駅設置に対する市長の決意、経済効果について、リニア推進と第5次基本構想基本計画との政策施策の整合や今後の推進体制ついて、リニア飯田駅設置準備室を設置したらどうか。また、リニア飯田駅設置基金の造成は必要だ。さらに、ふるさと納税の受け皿としてPRすべきだ、市民とのコンセンサスは大事でJR飯田線の存続は不可欠である。 @リニアの調査は歓迎する。早期実現と飯田駅設置の活動を推進していく。経済効果は計り知れないものがある。基本構想との整合も今後の動向を見ながら対応する。飯田駅の設置には地元負担が必要と認識しており、経済団体や市民との連携を図りながら対応する。飯田線は地域の活性化に資するものとして取り組みをする。飯田駅設置には財政負担や駅周辺の整備など具体的な事業展開が予想されるため、議会・市民との合意形成が不可欠と認識している。県や他地域との連携は、JR東海の正式な発表がなされた段階で協議して参る。JR東海の動向など情報収集が重要なことは議員ご指摘の通りであり、リニア推進室でより積極的な情報収集に努めていく。より必要がある時に拡充を考えていく。中部経済連合会の報告書については効果は整理されており飯田駅設置によって当地域におきましても観光面や日常生活にさまざまな利便性が寄与され市民生活においても、ライフスタイルの変化や、新たなネットワークの形成が期待される。時代に即した戦略が必要だということは議員の言うとおりである。基金の造成については、不可欠と言う認識であるが、財政状況から短期間の対応は不可能で無理であり、JR東海のルート発表を見ながら対応する。ふるさと納税の受け皿については議員ご指摘のとおりである。

2.将来を見据えた財政運営について質す。

【清水議員が質問した背景について】
夕張市の財政破綻は大変ショックであったことは否めません。牧野市長の財政運営の規律とともに、議のチェック機能がより大切だと痛感している。地方財政健全化法は、平成20年度決算に基づき、平成21年4月1日から施行されるが、早期健全化判断比率の公表は、本年4月1日から施行されるため、国は自治体に対して2年間かけて自治体財政の健全化を進めるよう求めたもので、牧野市長の財政運営に対し、チェックする議会側も市民から財政責任を問われることになり、自治体財政への国の関与が一層強くなるなか、規律ある財政運営とともに、安定的な財源確保を戦略的に取り組む必要があると感じている。
【質問】 【市長答弁】
@基本構想で設定した目標人口106,000人は、安定的な財源確保に不可欠であり、人口減少時代に、適切な人口規模を維持する長期戦略は何か、10万都市維持に向けて、圏域合併を呼び掛ける考えはないか。
@財政の安定と言う視点では人口規模を維持するということは、議員のご指摘のとおり不可欠である。戦略として、人材サイクル構築を図る。10万の人口は実があるものと考えている。今後の社会情勢見据えた上で、現在はその樹は熟していないが、合併や一郡一市についての検討する時期が将来浮上してくると思っている。
   
A平成20年度予算案に対し、各財政指標をどのように分析し、予算編成されたのか。財政規模の考え方と収支見通し及び類似団体との比較、公債費の圧縮は。飯田市のプライマリーバランスはどうなっているのか。

A予算編成にあたっては財政指標に十分留意した。これからも財政指標に留意し持続可能な財政運営に努める。
【総務部長答弁】
A財政指標については、実質公債費比率は平成20年度以降低下する。財政規模は類似団体と比較して大きく、財政規模400億円以内に努力していく必要がある。プライマリーバランスは、普通会計で105で黒字。参考に国は95である。
 

3.財政運営の視点から主要事業を質す。
【質問】 【市長答弁】
B病院事業への繰り出しは、基準に基づいて全額見込まれているか。公立病院の維持は地域社会の崩壊を防ぐために不可欠であると思うがどうか。 B予算では繰り出し基準に対して93%。病院に対して病院改革プランの見直しに合わせて、繰り出し基準の見直しと、病院事業会計の収支見通しに合わせた繰り出し額の検討を指示した。
C下水道事業への繰り出しが財政硬直になる要因と分析するがどう捉えているか、合併浄化槽の活用等財政運営や効率ある手法で、第5次基本計画の見直しをすべきではないか。 C下水道事業会計の繰り出しについてはほぼ現状の金額で推移する。区域の見直しや効率的経済的手法の検討をして、21年度を目途に第5次基本計画を策定していきたいと考えている。
D産業用地整備計画の推進(販売見通し含む)と県営工業団地を県に要望しているか。5県議との連携強化を要望する。 Dいくつかの企業から引き合いが来ている。企業誘致専門担当官を配置し積極的に誘致活動をする。県営工業団地の要望は折りにふれて要望しているが実現に至っていない。今後も粘り強く要望していく。
E庁舎建設の事業着手の判断と見通しについて。(庁舎建設基金の積立計画) Eボーリング調査やトレンチ調査をした上で、建て替えの最終判断をし、基本計画を検討する。基金は24億円。
【総務部長答弁】
F委託料など人件費を伴う物件費の削減は格差社会を拡げるだけに、安易な競争は問題と思うがどうかまた、臨時職員の賃金引上げをすべきではないか。

F委託料については、労働者の賃金の確保、地元企業の育成、確実な業務の履行などを総合的に判断し適正な価格による発注に努める。臨時職員の賃金は4月1日から増額する。 

4.市政経営について質す。

【清水議員が質問した背景について】
牧野市長は、市長就任以来4年間、年の初めに年頭所感及び市政経営の方向について市民に語られてきました。政治は、社会や経済を動かす大きな流れを作り出すと言われています。市長は就任以来一貫して経済自立度を上げ、地域間競争時代に勝ち抜くために、飯田市をパワーアップすると主張されています。この間種を捲いて芽が出て花が咲いたと実感しているのでしょうか。
【質問】 【市長答弁】
@産業経済部の業務の一部を、官と民が役割分担し、多様な主体として農工商観の経済団体に移管したらどうか。また、既存企業から、工業振興補助制度の矛盾を指摘する声について見直す考えはあるか
@現場主義で行政と民間がスクラムを組み、議員のご指摘の通り多様な主体の展開を検討したい。
【産業経済部長】
@工業振興補助制度は、既存企業の増築に補助制度を新設したが、工場適地外にもとの声は承知しているが、工場適地に誘導を図る。
   
A安心安全のセーフティネットを構築する福祉型社会を目指すために、飯田市立病院を核とした、保健医療、介護、福祉の複合経営を目指すべきと考えるがどうか。

A統合的なアプローチは必要であり、部課・施設相互が連携し効果的な市民サービスを提供する。
【市立病院長】
A保健、医療、介護、福祉の複合経営を目指すことは効果が高い。高松分院跡地の新老健施設もその一環で取り組むが、一気に出来ないので出来ることから取り組む。

 

5.中心市街地活性化について質す。
【質問】 【市長答弁】
@中心市街地活性化基本計画の公共事業の総額と整備の優先順位について。 @本庁舎建築を主要な事業として考えている。中央公園の再生整備、リンゴ並木の活性化、桜並木の整備、公共交通の改善に取り組んでいきたい。 

6.天龍峡の活性化策について質す。
【質問】 【市長答弁】
@天龍峡再生構想に関し、今後の公共事業の重点化と計画期間及び投資額の総額について @天龍峡再生プログラムと、名称天龍峡整備計画に基づき整備を進める。天龍峡再生道路と、名勝地における歩道整備、公園整備、景観整備を実施する。


7.福祉施策について質す。
【質問】 【市長答弁】
@私立幼稚園の施設整備補助金交付要綱を私立保育園との均衡を考慮して、見直しをすべき。 @現行制度は低いのも事実であり、見直しの必要性を感じている。

■第1回定例会3月議会は、平成20年度一般会計予算408億3千万円及び平成19年度一般会計補正予算を含めたすべての議案を可決した。

主な可決議案。

@飯田市公平委員に篠田健氏、高橋巧氏を同意。
A飯田市職員の育児休業に関し、育児短時間勤務(一日4時間勤務)制度を導入し、子供を産み 育てる環境を整備する。。
B住民基本台帳カードの交付500円を3年間無料とする。(証明証交付手数料等は有料)
C小学校6年生まで医療費が無料化されます。名称は子ども医療費に改正。
D後期高齢者医療制度が新設されます。75歳以上の全員に保険証が発行され、保険料を徴収。
E市長選挙のビラ作成費が公費で負担されます。16,000枚の範囲で116,800円上限。
F平成19年度の一般会計の補正後の総額は、40,974,482円です。

平成20年度の新規事業の主なもの

@アンテナショップを名古屋に開設し、農産物のPRをします。認定農業者の経営拡大に固定資 産税相当額を補助します。
A産業用地を経塚原(伊賀良)・箱川(山本)に整備し、工場を誘致します。
B中心市街地活性化事業として、東和町谷川1・2号線調査事業、りんご並木イベント事業、市 民プールの多目的広場整備、庁舎建設のための地盤調査を実施します。
C世界人形劇フェスティバルを8月2日から10日まで開催します。
D飯田子どもの園保育園の改築支援、放課後子ども教室を拡充します。(丸山・竜丘小から拡大)
E小水力発電の実用化調査、雨水貯留タンクの設置をします。
F山本杵原広場の整備をします。
G三遠南信地域連携ビジョンを推進します。
H自治会未加入者促進支援、中山間地域の計画策定に向けて住民意識調査を行います。
Iふるさと飯田応援隊を募集し、ふるさと納税をお願いします。

=来年の市議会の改選から議員定数を23人とします。=
現在の議員定数は、29人ですが、来年4月の市議会議員選挙から、定数を23人とします。この間、議会改革検討委員会及び議員定数特別委員会で、一年間真剣に議論してきました。その結果、地域代表から市民代表へとの認識に立ち、行財政改革に沿って検討し、全会派一致して決定しました。一年間かけて市民の皆さんに周知をさせていただきます。清水可晴議員に対して、一層のご支援をお願い申し上げます。

<<BACK